Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
図書館革命
評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-11-07)
年始、原子力発電所を襲った国際テロ。
それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった――
ついにメディア良化法が最大の禁忌に手をかける!?
図書隊は良化法の横暴を阻止できるのか!?
手詰まった状況を打破する一手を放ったのは、
――何とタスクフォースの山猿ヒロイン!
『図書館戦争』シリーズ第4弾にして完結巻、これをもっていよいよ閉幕!
果たして、幕は無事に下りるのか――!


もう完敗です…!やられました…!大好きです!!

最初はなんだなんだと引き寄せられ、その後郁と堂上のデート!堂上の優しさにぎゃー!ですよ。本の趣向について語るところは面白いと思いました。私は郁と小牧のふたりを足して2で割った感じの読み方?好きな人と本の話もしてみたいものです。

色々言うとネタバレしかねないんですが…。堂上と郁のふたりの場面ではほぼ甘いです。そして今回はあのふたりにも意外な展開が…。男の方を好きだという人の反応はどうなんでしょう…。堂上、郁などのカップル(?)に比べると小牧と毬江のカップルは癒されます。なんかほのぼの。甘い方だとは思いますが。

物語自体も緊迫とした雰囲気で読んでいてドキドキとしました。この終わりがどう行き着くのかと…。最後は何とか収まってよかったです。もしも現実の世の中が本当にこんな世界になってしまったなら嫌だと思う。
自分には関係無いと無関心になる、というような事が書いてあるのを見てそうだなぁと思わず納得。人間っていうのは自分中心でしか物事を考えないから。どこかで何かが起きてもいつか忘れてしまう。それは悲しいことでもあるけれど。

堂上が打たれて郁が背負う場面とか堂上が郁にカミツレ渡したとことかそれは全然いいのだけれど郁から堂上にしちゃったのはな〜という感じ。告白はよかったですけど。どうせなら堂上からして郁が真っ赤になって慌てふためく様子とかが見たかったです。(まぁ、最後のほうでやってくれますがね!)

最後のエピローグは…いつの間に!みたいな。あれから何年後の話?すぐなんでしょうか?しかし、本当にシリーズとしては完結してしまったのだなぁと。また番外編とか書いてほしいなぁなんて。堂上と郁のバカップルぶりをぜひ(笑)
| 小説 [有川 浩] | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.