Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ぬしさまへ
評価:
畠中 恵
新潮社
¥ 1,365
(2003-05)
江戸の大店の若だんな・一太郎は、めっぽう身体が弱く寝込んでばかり。そんな一太郎を守っているのは、他人の目には見えぬ摩訶不思議な連中たち。でも、店の手代に殺しの疑いをかけられたとなっちゃあ黙っていられない。さっそく調べに乗り出すが……。病弱若だんなと妖怪たちが繰り広げる、痛快で人情味たっぷりの妖怪推理帖。


『しゃばけ』シリーズ第2弾!借りてきました、読みました!
前(しゃばけ)よりもこっちのが好きかもしれない。

短編方式で(それでも微妙に話は繋がってるかな?)私は『空のビードロ』『仁吉の思い人』『虹を見し事』の3つが個人的に好きです。
若だんなの実兄・松之助が出てきたり、仁吉の恋の話が聞けたり、相変わらず若だんなの推理にはわくわくしたり…。もう本当、読んでてにやにやと…笑

比喩がすごいなと思います。特に皆がどれだけ若だんなに甘いのかを説明する言葉が!本当に甘すぎる言葉たちです。そこも読んで楽しんで欲しいですね。
| 小説 [畠中 恵] | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.