Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
しゃばけ
評価:
畠中 恵
新潮社
¥ 1,575
(2001-12)
江戸の大店の若だんな一太郎は、一粒種で両親に溺愛されているが、めっぽう身体が弱い。そんな彼を、身の周りにいる犬神や白沢といった妖(あやかし)たちがいつも守っている。ある夜、一太郎は人殺しを目撃してしまう。妖の助けを借りて下手人探しに乗り出すものの……。「洒落っ気いっぱい、近来の出色」と大好評の受賞作!


期待していたほど面白いって訳ではなかったですがよかったです。

若だんなが可愛らしい。けどかっこいい。まさしく可愛がられるヒーローです。皆に愛されてます。妖(あやかし)というか幽霊・お化け・ホラーものが私は好きなのでこれは結構お気に入りです。特に昔の日本なんか良いよね。

なんとなく思い描いたのは京都のような街並み。映画村みたいな、銀魂で描かれているような…。私の中での舞台イメージはそんな感じです。続き物みたいなので次回どんな話になるか楽しみです。
| 小説 [畠中 恵] | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.